ラブライブ!スクフェス 消費LP4倍・アイコン4倍にするメリット・デメリット!効率いい?


<スポンサードリンク>

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)では9月17日のアップデートより、消費LPを変更可能になり、最大で4倍までLPを消費してシャンシャン出来るようになりました。

さらに、マカロンイベントでも以前主流だった「イベント途中に4倍楽曲追加」というシステムもなくなり、イベント楽曲も消費アイコンを4倍にすることで、イベントptが4倍に出来るということが、イベント開始早々に出来るようになりました。

今回は、消費LP4倍・アイコン4倍にするメリット・デメリットに関するまとめです。

<スポンサードリンク>

消費LP4倍・アイコン4倍にするメリット・デメリット

LP選択2

では、消費LP/消費アイコン4倍にすることのメリット・デメリットについてです。単純に消費LP4倍にすることで、かなりの時短になると思うのですが、他にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

おさらい程度にまずは、消費LP・アイコン4倍にすることで、4倍に変化する報酬、対象外の報酬こちらです。

4倍で変化する報酬
4倍で変化しない報酬

このように、4倍の恩恵を受けるもの、受けないものがはっきり分かれるのですが、これらを踏まえて、メリット・デメリットはどのようなものがあるのか?

消費LP4倍・消費アイコン4倍によるメリット

それでは、まずはメリットをまとめましたので、紹介します。

ランク上げ・G稼ぎの効率アップ

消費LPを倍にすればするほど、同時に経験値・Gの獲得量が上がるため、さっさとランクを上げてしまいたい場合、Gを稼ぎたい場合にはかなり効率的に行なえます。石を溶かす余裕がある人は、一気に経験値・Gを短期間で貯めることが出来ます。

そうでなくても、なかなか時間がなくてイベント走れないとか、なかなかランクが上がらない時は是非4倍でシャンシャンしてみよう!

今までの「4倍楽曲」がイベント最初から出来る

今までのマカロンイベントでは、イベント中盤の大体10日間開催なら11日になってようやく4倍楽曲が配信されていたのですが、今回のマカロンイベントからは消費アイコン4倍がイベント最初から出来るため、実質4倍楽曲が最初から出来るようになっています。

なので、一気に達成累計ポイント報酬を迎えられるようになりました。

icon-arrow1-rマカロンイベントのptの効率的な稼ぎ方

ごほうびBOXがバンバン開けれる

ごほうびBOX

この4倍楽曲が登場したことにより、メドフェス以上に「ごほうびBOX」のゲージを一気に貯めることが可能になりました!そのため、MASTERを周回していると1,2回シャンシャンすれば、200万・400万BOXを開けることが可能。

なお、この「ごほうびBOX」の出現率なのですが、Twitterより「betty氏」という方からデータを随時いただいているので、御覧ください。

icon-arrow1-rごほうびBOXとは?入手できるアイテムやゲージを効率的に貯める方法

消費LP4倍・消費アイコン4倍によるデメリット

続いては、デメリットだと思ったことをまとめます。

失敗した時のダメージはでかい

消費LP・消費アイコン4倍は時短にはもってこいですが、その分リスクが生じます。例えば、4倍シャンシャン中に電池切れたとか、ライブ失敗してしまうとかなってしまうと、消費したLP・アイコンは戻ってこないので、その点は注意が必要です。

獲得イベントアイコンが減るリスクあり

これは、マカロンイベントにおいてなのですが、マカロンイベントのイベント楽曲をシャンシャンするためには「イベントアイコン」を集めなければいけません。シャンシャン中に、ノーツとして降ってくるのですが、MISSの判定だとその分獲得できるイベントアイコンが減ってしまいます。

4倍によって、獲得できるイベントアイコンも4倍に出来るのですが、1回でもMISS判定だと最大で4つも減ってしまいます。なので、4倍をシャンシャンする際には、なるべくフルコン安定してできる楽曲を選ぼう。

課題が進まない

「フルコンボを○回達成」、「楽曲を○回プレイしよう」などの課題クリアを狙っている場合、消費LPを4倍にしても「1曲分」しかカウントされないため、課題をささっとクリアしたい場合は、1曲づつシャンシャンしてみよう。

icon-arrow1-r課題とは?一覧と10回クリア・重要・デイリー・報酬など

絆・お気に入りptが溜まらない

残念ながら4倍にしても、変わらないのが「絆pt」と「お気に入りpt」。絆を溜めている場合は、1曲づつシャンシャンしたほうが溜まりやすいので、こういった場合は4倍はおすすめできない。

ボーダーに影響?

これは不確定ですが、あまりにも効率よくBOXを開けれたり、ランクが上がるため、石をいつもより多く溶かすひとが増えるため、もしかすると、ボーダーが跳ね上がる要因の一つになるかもしれません。

石4コが貰えない

今までは、途中で4倍が配信されていたのですが、4倍と通常楽曲は分けられていたため、どちらもEX・ランダムEXどちらもスコアS・フルコンでクリアした場合、最大で石4コ貰えました。しかし、配信がなくなったため2016年10月のマカロン以降貰えなくなりました。

ただ、補填としてイベントpt達成報酬が増えたため、回収できるっちゃできます。

 

<スポンサードリンク>


かよちん

人気ブログランキング
ラブライブ! School idol project ブログランキングへ

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

10 Responses to “ラブライブ!スクフェス 消費LP4倍・アイコン4倍にするメリット・デメリット!効率いい?”

  1. 10
    とおりすがり より:

    どうしてもプレイできなかったときのうめあわせを、時短プレイできるようになったのはほんとありがたい。ただ、時短プレイは、エサ部員が減るのが結構痛いかも。

  2. 9
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    ボーダー云々は上位のみの話かなーと思う
    なぜなら効率が上がったところで石の消費が劇的に増えるわけではないから
    もともと石を際限なく割ることが出来る人たちは大変だろうけど、
    限られた個数でやっている人たちには関係の無い話だろうなぁ

  3. 8
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    絆ptも時間のみで考えればLP回復ボタンを押す分しかかわらないし、1倍で回すのと変わんないんだよね
    だから4倍のデメリットなんて無いと思ってる

  4. 7
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    4倍楽曲が最初からあるようなものということの他に、消費アイコンを増やすことでも経験値やGが増えるようになったのはでかいな

  5. 6
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    イベント楽曲を2倍でプレイした場合にスコアSコンボSで獲得イベントpt「1112」に対し、通常の1倍でプレイした場合にスコアSコンボSでプレイした場合に獲得イベントpt「565」で、2倍のときよりも貰えましたが、これはどういうことでしょうか?2倍だと1倍を2回プレイしたときよりも9pt少ないです。

  6. 5
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    マカロンの4倍楽曲なんて元からフルコンできる気がしなかったし、その補填?で達成報酬石増えたしで、廃止になってくれて大感謝ですw

  7. 4
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    一気に走ることが可能でここのコメントやネットでも一気に突っ走ってる意見が多いが実際のボーダーは今までのマカロンイベと大差無い動きで不気味
    これが最終日どうなるか全く読めない

  8. 3
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    4倍のおかげで2日目までに報酬受け取り終わっちゃうからね。ボーダー読みづらい

  9. 2
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    絆ptがいらないって人にはほぼノーデメリットなんだよね
    それゆえにマカロンのボーダーが読めなくなったがどうなるか…

  10. 1
    私、ラブライバーの名無しといいます! より:

    おつかれさまです。

コメントを残す


公序良俗に反しない限り、好きなように書き込んでくれておk
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります
※キャラ、他の人のコメントをディスる、もしくはコピペして使う、さらに俺氏の意向に反するコメントなども削除します
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問する前にまずはこちらの良くある質問 をご覧になってからお願いします
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどもNGです
※「ミトメラレナイワァ」と感じるコメントがありましたら、コメ欄ではなく、当サイトの「お問い合わせ」か、俺氏のTwitterへDMにてお知らせください



サブコンテンツ
かよちんなどのかわいいμ’s(ミューズ)やアライズたちの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ