南ことりUR<ことり式雪だるま>の画像と特技と評価【クリスマス大作戦ログボ】 ラブライブ!スクフェス


<スポンサードリンク>

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)では、2017年2月11日〜過去に登場したことのあるログボURが復活しているのですが、個別で紹介できなかった南ことりUR<ことり式雪だるま>の特技とステータスと評価です。

2013年12月のログインボーナスだったことりちゃん。この当時はまだユーザー数確か200万くらいの頃で、持っていない人が大多数だと思うのですが、ようやく入手できます!

<スポンサードリンク>

南ことりUR<ことり式雪だるま>覚醒前後画像

南ことり<ことり式雪だるま>の覚醒前後画像
覚醒前 覚醒後
ことり式雪だるま
  体力 スマイル ピュア クール
レベル1 5 1500 2660 1340
レベル100 6 2990 4150 2830
特技

タイマーチャーム

10秒ごとに36%の確率でスコアが200増える

センタースキル

ピュアパワー

ピュアPが少しUPする

それでは、2013年12月のログボとして登場したことりちゃんのことり式雪だるまです。この復活イベントは、このことりちゃんのためにある!と言っても過言ではなく、そのクオリティーの高さから、ずっと待ちわびていたことでしょう。

実際に、2013年12月時点では、まだスクフェスをやっている人はそんなに多くなく、ユーザー数が一気に増え始めたのは2014年〜2015年にかけてなので、現時点でスクフェスをシャンシャンしているラブライバーにとって持っている人はそう多くなく、自慢できるカードです。

もともとは「クリスマスカード決定戦」のログボ

このことりちゃんは、スクフェス最初の投票イベントで2013年10月15日から10月31日まで期間開催されていた「クリスマス大作戦」にて見事1位に輝いたご褒美で、2013年12月16日〜2014年1月15日までの期間、当時シャンシャンしていたラブライバーに配られました。

ちなみに、投票上位3位は以下の通り。

1位 南ことり『ことり式ゆきだるま』

2位 矢澤にこ『プレゼントは「わ・た・し」?』

3位 西木野真姫『氷上の舞姫』

1位の南ことりちゃんは上記の通りURカードとして登場。さらにこの頃は今では考えられないのですが、2位の【矢澤にこ『プレゼントは「わ・た・し」?』】と3位の【西木野真姫「氷上の舞姫」】がイベント報酬として登場しました。

西木野真姫氷上の舞姫

↑第4回スコアマッチ報酬の真姫ちゃん。

SR矢澤にここころ揺れちゃうよ特典編

↑マカロンイベント「こころ揺れちゃうよ」にて登場したにこ。

最近では、1位になったメンバーしかログボURにならないので、昔みたいに上位3位までは何かしらの形で登場させてほしいと願う。

 

<スポンサードリンク>


かよちん

人気ブログランキング


ラブライブ!ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

30 Responses to “南ことりUR<ことり式雪だるま>の画像と特技と評価【クリスマス大作戦ログボ】 ラブライブ!スクフェス”

  1. 9
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    てかマジで色違い等にしとけば誰も損しなくね?

  2. 8
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    それなりの対価とか言ってるがぶっちゃけイベント走れば3枚分くらいは普通に貯まるだろう
    重い言って、貰えて当然な顔すんな
    素直に喜べよ

  3. 7
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ぶっちゃけ他アプリでも古参にメリット無い昔のキャラ(等)復活あるんだから普通かと。
    全ての運営的に古参よりも新規を大事にする傾向あるんだし、それにスクフェスの運営は良い方だと思ってるが。

  4. 6
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    そうしますた( ..)”

  5. 5
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    たそが悲しむやろ!
    黙って交換しとけ!

  6. 4
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    URは もちろん、SRのクオリティの高さに 驚き‼︎ こんなに可愛ければ、イベントももっと盛り上がるのになぁ…(・・;)

  7. 3
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    シール100枚しかない…π好きなのでのんたんと交換しようと思っていたけど、アオリ文読んでことり式にしようか真剣に悩んでる。次回もやりますよとは聞いてないし…悩むなあ。

  8. 2
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    全く同じのを配布するのは正直糞、復刻版の表記、デザイン微変更、2枚目の人は新ストーリー追加などできただろ。古参の事も考えろ蟹

    • 2.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      それなりの対価を払う訳だし、ぶっ壊れ性能でもないので問題ないでしょ。

      古参の優越感?そんなもん気にするのは中学生以下しかいない。

      • 2.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        2だけどことり式2枚目は取った上で言ってるんだけど
        対価なら払うから古参にも2枚目のメリットが欲しいのは分かるだろ

        • 2.1.1.1
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          え?
          ただの再配布と知りながら、糞の役にも立たないゴミ性能と知って、それでももしかして新要素が…とか思いながら二枚目取ったって事?

          アホじゃね?

          • 2.1.1.1.1
            私、ラブライバーの名無しといいます! says:

            君みたいな性能厨ばかりやないんやで

      • 2.1.2
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        ぶっ壊れ性能なら、逆に2枚目手に入れられる古参も、デッキ強化というメリットは一応ある。
        デッキには入らず、プレミア性だけがなくなる今回のケースが一番タチ悪い

      • 2.1.3
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        『中学生以下しかいない』の部分の立証責任が果たされてないので立証するか撤回してください

        • 2.1.3.1
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          うわ、めんどくせー奴

        • 2.1.3.2
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          横槍入れます。
          ユーザーからの多数の希望
          のところで、運営が動いたわけです。古参自慢のためのカードにしたいわけではなく、(もともと配布URなので)全ユーザーにシェアしたいということだとおもいます。わざわざ少数の古参のためにストーリーなどは大変だということがわからずにギャーギャー言ってるところが中学生以下の「駄々をこねる」にみえるということです。大人な対応をしよう!

          • 2.1.3.2.1
            私、ラブライバーの名無しといいます! says:

            みんなにチャンスはあったのに、その時ログインしなかったのは事実。それ以上でもそれ以下でもない
            自分がまだスクフェスやってなかった(知らなかった)んだから、チャンス与えてくれって本来はおかしい事なんだけどな

            • 2.1.3.2.1.1
              私、ラブライバーの名無しといいます! says:

              別におかしくはないですな
              前回は単純にログインするだけで貰えたもの…
              今回はシール交換で人によっては課金しないと
              シール枚数が足りず諦めなければならない人もいる訳で
              イベ走ってライブの数こなして努力するか
              シール足りなくて、それでも欲しければ課金してね
              っていう差はある訳で…
              配布当時と現在のユーザー数を比べれば持ってない人も多く
              要望も多くなるのは当然あること
              運営はボランティアじゃないんだからアプリ存続や
              より課金に結び付く方へ舵をとるだけですな

              • 2.1.3.2.1.1.1
                私、ラブライバーの名無しといいます! says:

                アプリ存続のための判断だったら古参にも新参にもメリットを与えるのが一番いいんだけどな、難しいかもしらんけど

                それとは別に、何事も情弱が悪なんやで
                あとから寄越せは社会じゃ通用しないんやで

            • 2.1.3.2.1.2
              私、ラブライバーの名無しといいます! says:

              多数決なんだから、少数派の古参がギャーギャー喚いたところで結果は変わらなかったと思うよ。当時と異なり、シール100枚というそこそこ重い対価を要求してるだけ古参のメリットは生きてるだろ。驕るなよ、クレーマー。

              • 2.1.3.2.1.2.1
                私、ラブライバーの名無しといいます! says:

                みんな普通にコメしてんだよ
                煽りうざいわ

              • 2.1.3.2.1.2.2
                私、ラブライバーの名無しといいます! says:

                驕るの意味分かってる
                ブーメラン刺さってんぞ

          • 2.1.3.2.2
            私、ラブライバーの名無しといいます! says:

            中学生以下云々が立証されてるな。
            立証して欲しかった奴なんかコメントないの?

            • 2.1.3.2.2.1
              私、ラブライバーの名無しといいます! says:

              文句を書き込まない、ギャーギャー言わないだけで、心の中で「ちょっと残念だな」って思う人もいるんだ実際
              ぶっちゃけ自分もそうだ。
              (まぁ、実際書き込んでる俺は除いてくれて構わないけど、)そう思う人たちが「中学生しかいない」という立証にはなっていない

              逆にコメントあるか?

              • 2.1.3.2.2.1.1
                私、ラブライバーの名無しといいます! says:

                今更ですが立証の説明ありがとうございます。『中学生以下しか』は騒いでいる方達を喩えた言葉という解釈で間違っていませんか?確認お願いします

      • 2.1.4
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        他の人の価値観を否定すんなよ

    • 2.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      古参雑魚の自分からしたら、特例でログボ同士覚醒で覚醒枠拡張できるなら交換します

    • 2.3
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      別に持ってても普段から特に優越感なんぞ感じることないわ、ぶっ壊れじゃないし。
      ほんとに優越感浸りが強いならそれはそれで主の思考察するわ。
      再びログボ配布じゃないだけましやろ。

  9. 1
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ずっと欲しかったことり式が、シールで交換できるなんて夢のようです…!
    昔みたいに何かしらの形で反映されるのいいですね!特にAquorsは投票系多いからそういうのやってほしいな…

    • 1.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      同じくです!部員にいるだけで嬉しいですよね(^^)

コメントを残す


いつもコメントありがとうございます!いくつか注意事項ですわ。
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります。
※キャラ、他の人のコメントをディスる、もしくはコピペして使う、クレームがあったコメントなど俺氏の意向に反するコメントなどは削除します。
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問する前にまずはこちらの良くある質問をご覧になってからお願いします。(基本的に初歩的な質問はこちらでお願いします。)
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどを貼るなどの宣伝行為は基本的にNGです。
※コメントの削除依頼、当サイトへの要望はここのコメ欄ではなく、当サイトのお問い合わせ俺氏のTwitter垢にてDMにてコメント番号を指定して、一言でいいので理由を添えてお知らせください。(下のコメ欄に書かれても基本的に応じません。)

スポンサードリンク



サブコンテンツ
μ's(ミューズ)やAqours(アクア)などの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ