G線上のシンデレラEX/HARDフルコン動画と譜面攻略【ラブライブ!スクフェス】

スポンサードリンク

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)では2018年1月31日16:00〜アニメ1期BD5巻特典曲「G線上のシンデレラ」が配信されています。

ここでは、アニメ1期BD5巻特典曲「G線上のシンデレラ」のHARD/EXの動画や譜面攻略をまとめました。

G線上のシンデレラ」詳細情報

曲名 難易度 ノーツ数 レベル

G線上のシンデレラ

<ピュア>

EASY 104 2
NORMAL 200 5
HARD 342 8
EX(ランダム) 520 10
MASTER    
時間 1分55秒
BPM 205

解禁条件

メインストーリー20章1話をクリアする 

追加日 2018年1月31日

EX/MASTERノーツ配置順

今回はAqoursの楽曲になるため、Aqoursのメンバーに1.1倍(10%)の補正がかかります。なので「同じレアリティー/同じような特技効果」ならなるべくμ’sのメンバーよりも、Aqoursのメンバーを最適に配置することで、スコアを伸ばしやすくなります。

そんなノーツ降順/配置は以下の通り。

■EX

配置 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ノーツ 64 68 74 58  16 58  65 67  64 

※最適に配置することでスコアを伸ばしやすくなりますが、あくまでスコアを効率的に伸ばす要因の1つなので、劇的に伸ばすことは出来ないのは覚えておこう。

line

ってことで「G線上のシンデレラ」の詳細です。こちらの楽曲はAqours3年生3人(松浦果南・黒澤ダイヤ・小原鞠莉)が歌っています。タイトルはクラシックの「G線上のアリア」をもじったものになっています。曲調はラブライブ!では珍しいシャッフル調の楽曲に仕上がっており、歌詞の内容は船上パーティーの様子が描かれています。

実際のライブでは、Aqours2ndライブツアー名古屋・神戸公演にて披露。演出で落ちサビの果南のセリフ「もしかしてパートナーが必要なんじゃ」の後に、本来この楽曲に参加していないAqours1年生と2年生が黒いドレスを着てバックダンサーとして参加したことでも話題に。どうやらしゅかしゅー(斉藤朱夏)の提案でこういう演出になったそうな。

↓CD及び特典情報

スポンサードリンク

G線上のシンデレラ」HARDフルコン動画

G線上のシンデレラ」のHARDのフルコン動画です。

G線上のシンデレラ」EXフルコン動画

G線上のシンデレラ」のEXのフルコン動画です。

■手元なし

■手元あり

スポンサードリンク


かよちん

人気ブログランキング


ラブライブ!ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

One Response to “G線上のシンデレラEX/HARDフルコン動画と譜面攻略【ラブライブ!スクフェス】”

  1. 1
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    HARDはサビ前とラストの交互階段がポイント。
    EXは、☆10の中では難し過ぎず簡単過ぎずと言った所。交互階段がサビ前とラストに加えAメロ途中にも登場するようになる。Bメロの台詞部分にワイパーがあるがテンポは遅めなので落ち着いて叩きたい。

    返信

コメントを残す

いつもコメントありがとうございます!いくつか注意事項ですわ。
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります。
※キャラディス、他人を不快にする言動(上から目線・罵倒等)、通報・お問い合わせがあったコメント等予告なく削除する場合があります。なお度重なる削除・注意勧告を受けても従わない・改善する気がないと見受けられた場合はコメント内容に問わずコメ禁止措置・自動的に削除する対象になります。その状態になった場合は異論はミトメラレナイワァなのでよろしくお願いします。
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問は「初心者質問掲示板」でお願いします。
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどを貼るなどの宣伝行為は禁止です。発見次第削除致します。
※以下のコメント欄は「ラブライバーの皆さんの交流場所」として設けています。当サイトへのご意見・コメント削除依頼等はお問い合わせ俺氏のTwitter垢にDMにてにて一言でいいので理由を添えてお知らせください。(下のコメ欄に書かれても基本的に応じることができません。ご協力よろしくお願いします。)



サブコンテンツ
μ's(ミューズ)やAqours(アクア)などの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ