【ラブライブ!スクフェス】シークレットスポットの効率良い攻略・周回・確率・効果【おさんぽラリー】

<スポンサードリンク>

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)では、「おさんぽラリー」という新形式のイベントが開催されるのですが、第2回目よりストーリースポット・チャレンジスポットの他に「シークレットスポット」と呼ばれるものが登場します。

ここではシークレットスポットの攻略や、注意事項、効果やメリットなどをまとめました。

スポンサードリンク


シークレットスポットとは

おさんぽラリーではストーリースポット・チャレンジスポットに加えて新しく「シークレットスポット」と呼ばれるスポットが一定確率で登場します。

このシークレットスポットでは、おみやげ・イベントpt獲得量、さらには消費LP減少など嬉しい効果があります。

シークレットスポットのボーナス効果

シークレットスポットでは以下の項目のボーナスが期待できます。

項目 効果1 効果2 効果3
イベントpt獲得量アップ 1.50倍 2倍  3倍 
消費LP減少 80% 65% 50%
おみやげ獲得量アップ 1.50倍  2倍 3倍

これのいずれかの補正がかかるのですが、どれか1つの場合もあれば、各項目すべてのボーナス効果がかかる場合もあります。

↑イベントpt・消費LP・お土産獲得量の補正が全てかかった場合。

このように、効率よくおさんぽラリーを攻略するにはシークレットスポットが必要不可欠になるのですがシークレットスポットでの特徴などをまとめます。

シークレットスポットを効率よく攻略

シークレットスポットでは、ランダムにイベントptや消費LP減少、おみやげ獲得量アップなど様々な嬉しい恩恵が受けられるのですがシークレットスポットをより効率よく攻略するにはどうすればいいのか?

シークレットスポットは基本的に4倍で回す

シークレットスポットでは、基本的に4倍で回すようにしましょう。上記に挙げたように消費LP減少効果もそうですが、おみやげやイベントpt獲得量も格段と増えるので、4倍で一気に稼いだほうが時間的にもLP効率的にも良くなるので、シークレットスポットが出現=4倍でシャンシャンということを覚えておきましょう。

シークレットスポットはシャンシャンするまで消えない

シークレットスポットは一度シャンシャンすると消えてしまうのですが、シャンシャンするまでは消えることはありません。なので、シークレットスポットが登場したら石を砕いてでも直ぐにライブをする必要はなく、その時点でLPが無くても、後にLPが溜まってからシャンシャンできるので急いでシークレットスポットをプレイする必要はありません。

シークレットスポットが出現する確率は?

こちらは現在検証中ですが、シークレットスポットは一定確率ストーリースポット・チャレンジスポットをシャンシャンした後に出現するのですが、具体的な確率は定かではありません。

ただ、割と高確率で登場する印象です。

<スポンサードリンク>


かよちん

人気ブログランキング


ラブライブ!ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

One Response to “【ラブライブ!スクフェス】シークレットスポットの効率良い攻略・周回・確率・効果【おさんぽラリー】”

  1. 1
    ことりこ梨子 says:

    LP倍だと出現率アップとかあんのかなぁ

    返信

コメントを残す

いつもコメントありがとうございます!いくつか注意事項ですわ。
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります。
※キャラ、他の人のコメントをディスる、もしくはコピペして使う、クレームがあったコメントなど俺氏の意向に反するコメントなどは削除します。
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問する前にまずはこちらの良くある質問をご覧になってからお願いします。(基本的に初歩的な質問はこちらでお願いします。)
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどを貼るなどの宣伝行為は基本的にNGです。
※コメントの削除依頼、当サイトへの要望はここのコメ欄ではなく、当サイトのお問い合わせ俺氏のTwitter垢にてDMにてコメント番号を指定して、一言でいいので理由を添えてお知らせください。(下のコメ欄に書かれても基本的に応じません。)

スポンサードリンク


サブコンテンツ
μ's(ミューズ)やAqours(アクア)などの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ