ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期11話「浦の星女学院」考察・感想・聖地まとめ

スポンサードリンク

 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)の攻略情報とは関係ない話題。

2017年12月16日22:30〜待望のラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期11話が放送されました!

そこで、今回はネタバレにはなると思うのですが、ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第11話「浦の星女学院」を見た個人的感想などをまとめました。

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期情報まとめ

タイトル 考察ページリンク 

1話「ネクストステップ」
感想・考察ページ

2話「雨の音」
感想・考察ページ

3話「虹」
感想・考察ページ 

4話「ダイヤさんと呼ばないで」
感想・考察ページ  

5話「犬を拾う。」
感想・考察ページ  

6話「Aqours WAVE」
感想・考察ページ

7話「残された時間」
感想・考察ページ

8話「HAKODATE」
感想・考察ページ 

9話「Awaken the power」
感想・考察ページ 

10話「シャイニーを探して」
感想・考察ページ 

11話「浦の星女学院」
感想・考察ページ  

12話「光の海」
感想・考察ページ  

13話「私たちの輝き
感想・考察ページ   
スポンサードリンク

【まだ見ていないラブライバーの方へ】

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第11話「浦の星女学院」感想

それでは、感想や考察を簡単にまとめていきます。

オープニング(OP)は「未来の僕らは知ってるよ」

OPは「未来の僕らは知ってるよ」。

詳しい発売日や、特典、さらにはリアルイベント「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours課外活動 未来の僕らは知ってるよ ~face to face~」の応募方法は以下のリンクで!

さらに Aqours課外活動 未来の僕らは知ってるよスタンプ押印会についはこちら!

エンディング(ED)は「勇気はどこに?君の胸に!」

EDは「勇気はどこに?君の胸に!」。本編ではいつもと違い、全校生徒で歌うシーンが。

詳しい発売日や、特典などは以下のリンクで。

前回のあらすじ

前回、正月を迎えたAqours。各々正月を満喫しているようだが、Saint Snowが北海道・函館からわざわざコーチとして沼津へやってきて、正月早々練習することに。

すでに統廃合が決定した浦の星女学院。マリーが統廃合先の理事長への就任を要請されたようだが、イタリアの大学へ留学するために拒否したようだ。

時期的にも3年生はそろそろ進路を決めなくてはいけない時期。3年生は集まって各々の進路を相談なしにすでに決めていたようだ。ダイヤ姉さんは東京都内の大学へ、そして果南は海外でダイビングライセンスを取りに行くようで、小さい頃からずっと一緒だった3人はもうすぐ簡単には会えなくなってしまう。

そんな中、幼い頃星座を見ようとして生憎の雨に憚れた3年生。成長した今は見れるのではないか?とマリーのワゴンに誘われ、西伊豆スカイラインへ急遽ドライブすることに。

しかし、あの時と同じ雨。また星座が見れないのかと思いきや、あの時の星座早見表を掲げる千歌。すると、不思議と雲が裂け、綺麗な星空が。

無印2期1話のホノカチャンのように雨を止める力を得たAqours。果たして次の物語はどのようなものになるのか?

閉校祭開催

これまでの感謝の気持ちを込めて、浦の星女学院では「閉校祭」を三学期から始めるようだ。このシーズン高校三年生は受験で忙しいと思うのですが、二年生が主体となってやるのかな?

シャイ煮プレミアム

 

サンシャイン!!1期で登場した「シャイ煮」が閉校祭にて再び登場!!

さらにパワーアップして「シャイ煮プレミアム」として登場!

ぱっと見1期の頃と材料はほぼ変えず、マンボーやアワビ伊勢海老などが写ってますねw

10万円

閉校祭提案はモブ

なんと!閉校祭りを提案したのは、千歌たちの同級生であるモブ3人だったのだった。

マリーも熱意に押されて「しょう〜にん!!」ということでハンコを押したのだった。

ルビィは人気?ヨハネとズラ丸は?

「ルビィちゃんは人気だから引っ張りだこズラ〜」とズラ丸。渋々ヨハネの催し物の準備をさせられる。

対するルビィは姉であるダイヤ姉さんと何やら計画しているようだが?!

うちっちーが2体!?

うちっちーのあとを追う曜ちゃんとAqoursのメンバー。果たしてその中に入っていたのは?

あとを追うメンバー。すると教室に何かいる気配が。

教室に入ると何やら動くシーツが…!開けていると「しいたけ」だったw

ちなみに、ズラ丸がヨハネに「ヘタレ堕天使」と突っ込んだのは面白かったw

器物破損、被害甚大

閉校祭の準備中にしいたけのトラブルで大幅に準備が遅れたことにダイヤ姉さんは怒る。アーチの修復だけで4時間のロス。下校時間の終バスも近づいてくる中、帰らなければいけないのですが、そうすると準備が間に合わない。

しかし、理事長のマリーの提案で小原家が全員を責任持って送るということで、学校にみんなで残ることに。

「最後だから許してよ」とマリー。しかしどうやらダイヤ姉さんも最初からそのつもりだったようです。

みかん鍋

美渡姉がしいたけのトラブルの原因を一旦をになってしまったことでお詫びとして、高海家特製の「みかん鍋」をご馳走。

スクールアイドル部を始めた頃を思い出す

「ずっとこのままだったらいいのにね」と千歌。

「私ね、千歌ちゃんに憧れていたんだ」と曜ちゃん。突然のぶっちゃけトークを陰で聞く梨子。

「このままおばあちゃんになるまでやろっか!」と大笑いする二人。幼馴染の絆はやっぱり強い。

うわ〜すごい人!

千歌と梨子は大正ロマン編覚醒前のような姿で「いってらっしゃいお嬢様」メイド喫茶を開催!なんと!参考にしたのは、梨子が大好きな「百合本」だった。

「壁クイ 大正ロマン編 Vol.48」というもので、少なくとも48巻まで発売されているようだ。

「ぶっぶっぶーですわ!」まだまだラブライブ!マニアには遠いですわ!

黒澤姉妹は教室で「L0veLive!クイズ」を開催!

問題は「第2回ラブライブ!、決勝まで進んだ福岡の二人組スクールアイドルといえば?

モブ達は「明太4」「はかったま」「天神2」などと回答していたようですが、正解は「Dream(ドリーム)」のようです。

…というかこの問題の回答わかった人いる?

占いに興味はないズラ〜

  

どうやらズラ丸と花丸、そして梨子で占いをやっているようで、ヨハネが何か困っていることは?と問いかけるがズラ丸が「どっちかというと、人が来なくて困ってたズラ〜」と突っ込む。

ここだけの懐かしい匂いが

そして志満姉と美渡姉も「焼きみかん」を持って参上。しま姉とみと姉も浦の星女学院を懐かしんでいるようで、あの時と匂いは変わらないようだ。

マリーは「シャイ煮プレミアム」を販売。

その他「みかん汁」や「じゅたろうあめ」などといった寿太郎みかんを使用したと思われる特産品や、普通に「やきとり」や「たい焼き」などといった祭りでおなじみの店も見られますね!

頭を下げる理事長マリー

閉校祭最後の締めは「キャンプファイヤー」。

校庭に全校生徒が集まり、中心の炎を見つめる。廃校に対して前向きに前を進もうとAqours一人一人のメッセージが。

そして閉校祭終わりに理事長の挨拶としてマリーがスピーチ。しかし途中で閉校祭への感謝を述べていると「ごめんなさい、もう少し頑張れれば…」と泣き崩れるマリー。閉校祭を終えてもなお、廃校を阻止できなかったことを悔やんでいるようだ。

頭をさげるマリーに、モブキャラが「Aqours!Aqours!Aqours!」とエールを送り、それに全校生徒が続く。

みんなで歌う「勇気はどこに?君の胸に!」

 

そして「じゃあラストにみんなで一緒に歌おう!最高に楽しく、最高に笑顔で、最高に声を出して!」の掛け声で、いつものEDが流れ、そのあとに「勇気はどこに?君の胸に!」を全校生徒で歌うシーンが。

ちなみに、人間ではない「しいたけ(CV:麦穂あんな)」も最後の合唱に参加しているようです。

そして、キャンプファイヤーの火が消えて本編は終了。無事に閉校祭を大成功に終えた浦の星女学院の全校生徒であった。

11話聖地情報

以下は11話の聖地情報です。

本編ほぼ長井崎中学校

11話は閉校祭がメインであり、ほぼほぼ浦の星女学院のモデルである「長井崎中学校」しか出てきてません。

ちなみにですが、最近公式サイドから今一度聖地巡礼に関して注意勧告がありました。

注意喚起自体は以前からあったのですが、ここへきてまた発表されたということは、かなり大きなところ、おそらく沼津市自治体側からクレームがあったと思われます。

長井崎中学校」は学校であり、日中は生徒さんや教職員の方々もいるし、基本的には無断で立ち寄ってはいけない場所であり、校門前には学校側からも無断で入るなと書かれているので、学校内部気になる気持ちはわかりますが、そこはマナーを守って不法侵入しないようにしましょう。

個人的感想・考察まとめ

とりあえず一言。「今回モブ大活躍でしたね!」。

閉校祭ということで、ちょっと終盤シリアスな部分はあったのですが、Aqoursのメンバーだけでなく浦の星女学院全校生徒がこの学校への思いや廃校という結果を受け入れつつも、前に進まなきゃいけない!というちょっと前向きになれる回でしたね!

以下は個人的考察です。

マリーに同情

2期に入ってからマリーが泣くシーン多いですよね。理事長として結果残せなかった悔しさもあり、きっと今後なかなか会えなくなるダイヤ姉さんや果南との思い出を思い出して涙腺緩くなっているのかなぁと勝手に思っています。一番廃校を阻止したかったのはマリーであり、それが達成できなくて一番悔しい思いをしているけど、明るく振る舞うマリーの気持ちを察すると本当に俺氏としてもなんとかしてあげたくなります。

ただ北海道函館編では、4人がけの席で1人、そして飛行機代を出させるなど気になる描写も多く、「ちょっと扱い酷くないかにゃー」と内心思ってしまいました。

「勇気はどこに?君の胸に!」3rdライブでは会場みんなで歌いたい?

2期ED「勇気はどこに?君の胸に!」なのですが、本編終盤では集まった全校生徒+内浦の方々で合唱するシーンがありました。

意味合いとしては、来年2018年開催予定の3rdライブにて披露する際には「会場全体で大合唱しよう」という意味合いが含まれているのだと思われます。

というのも、1期ED「ユメ語るよりユメ歌おう」では、歌う人もいれば、コールする人もいるなど結構各々バラバラだったので「勇気はどこに?君の胸に!」では劇中でみんなで歌ったのだから、ライブでもみんなで歌おうということで、このような演出になったのかと思われます。

福岡の2人組のスクールアイドル「Dream」について

上にも挙げましたが、ダイヤ姉さんの主題した問題の解答に登場した福岡のスクールアイドル「Dream」。実は、無印ラブライブ!にところどころ登場していました。

↑無印ラブライブ!1期1話「叶え!私たちの夢――」の1シーン。Twitterのリプで気づいたのですが、A-RISEをみて廃校阻止すべくスクールアイドルを目指そうと決意したホノカチャン。教室でことりちゃんと海未ちゃんを説得する際に購入した雑誌にちょっと分かりづらいですが、A-RISEの右側に映っていました。

↑無印ラブライブ!1期5話「にこ襲来!」の1シーン。初めてアイドル研究部の部室を訪れた2年生と1年生が部室を見渡している際に一瞬ですが映っています。真姫ちゃんも「あっちは福岡のスクールアイドルね」と言っていることから知名度はこの時点でかなりあるようだ。まぁ雑誌にA-RISEの隣で特集されていることから想像はできる。

「次回」光の海

次回は「光の海」。予告見る限りではラブライブ!決勝大会ではないようですが、果南が一人で佇んでいる様子から、果南回になるのでしょうか?

以下ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第11話感想投稿スレ

以下はラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第11話感想投稿スレです。

スポンサードリンク


かよちん

人気ブログランキング


ラブライブ!ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

40 Responses to “ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期11話「浦の星女学院」考察・感想・聖地まとめ”

  1. 22
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    マリー涙もろくなったなぁ
    まあ、今期は間違いなく一番苦労してたからな。結果は廃校とはいえ、みんなに暖かい声援を貰ってようやく肩の荷が下りたってところかな?
    細かい扱いは雑かもしれんけど、今期でよりマリーの事が好きになったよ

    返信
  2. 21
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    平行して無印見直してて、今1期観終わって思うのがAqoursは悪くない。脚本と演出が悪い。
    サンシャインはもっとキャラ1人1人の心情とか背景とかを丁寧にやるべきだった。
    無印は1期だけでも廃校阻止しよう→廃校阻止→解散危機→結束強まるて流れの中でちゃんとμ’s1人1人に感情移入できるだけの丁寧さがあった。
    私ちかちゃん苦手なんだけど、ほのかちゃんも表面だけならどっこいどっこいなのにほのかちゃんは応援したいってなるの、それだけ成長の過程が見えてるからだと思う。
    サンシャインは本当に構成が下手なんだなってよくわかった。詰め込みすぎだし意味わかんない回が多すぎた。
    Aqoursが可愛そうなレベル。

    返信
    • 21.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      キャストは悪くないは現実逃避、荒れる元だからやめロッテ

      返信
      • 21.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        キャストじゃなくてキャラのことじゃないの?アクアメンバー個性自体はあるんだからそれを劇中で最大限描写できればよかったっけ言いたかったんでしょう。俺だってもしのんたんがあからさまにデブキャラ扱いされたりかよちんがペット同然の扱いされるような作品だったら無印だって見てないよ。

        返信
    • 21.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      脚本と演出は確かにμ’sの時やサンシャイン1期に比べるとガクリと落ちた感はある。
      2期は見てて『うーん…』って感じだったし、間の話をはしょりすぎて『え、早くね?』と思ったぐらい。
      なんか、グッと来るものが無いんだよなぁ。めり込むように見てた話とか、ライブ後に『お疲れ!頑張ったな!』って言いたくなるようなのが2期では感じられなかった_(┐「﹃゚。)_
      人それぞれだと思うけどね!

      返信
  3. 20
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

     今日(12/20)の静岡新聞にラブライブ!サンシャインの全面広告が載って
    いたんだが、これってSBS以外の放送局のある地方紙にも載って
    いるんでしょうか。
     この中で「憧れの舞台に行ってきます。 浦の星女学院の名前を
    刻みに。」という言葉が書かれています。
     13話が決勝だとするとタイミング的に早いと思うので12話が決勝に
    なるということではないでしょうか。

     いくら、ご当地とはいえ新聞の一面まるまる使った広告って見た
    ことがないのでちょっとびっくりしました。

    返信
    • 20.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      広告は静岡新聞だけみたいです。
      もしかしたら、12話決勝、13話その後の話、という流れになるかもしれないですね。

      返信
  4. 19
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    二期は曜ちゃんとちかちゃんとマリーの扱いが雑すぎたね…

    返信
  5. 18
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ぶっちゃけ廃校になって残念より1期6話の花丸みたいに「沼津の学校に通える!」ってワクワクしてる子のほうが多そう(小声)

    返信
  6. 17
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    最初はμ’sを早急に畳まれたショックで運営元ではなくAqoursを叩いていたけど、今はどっちも好きだよ
    μ’sはこうだったのにAqoursは〜みたいに理屈こねて批判していたけど、今になってはどうでもいいわ

    返信
  7. 16
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ちょっと気になったんだが
    無印好きとサンシャイン好きの争いを見てると、たまに「神聖なラブライブに私利私欲で臨むAqoursの態度が・・・」みたいなコメント(他にも色々な表現があるが)を見かけるが無印で私欲はご法度みたいな描写があるの?

    俺はてっきりラブライブはスクールアイドル部の全国大会みたいな部活の延長線だとばっかり思ってたから廃校阻止の手段や浦女の名前を残すなどの私欲だろうと別に気にならずアニメを楽しめているんだが間違っているのだろうか?

    無印を見てない俺に誰か教えて

    返信
    • 16.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      いや、μ’sだって動機は不純だぞ。目的は廃校阻止だからね。ただアニメ内でもそうだけどμ’sは神聖化されてるからね。現実でもそう。

      ※ぶっぶー!な表現があったため一部削除しましたわ

      返信
      • 16.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        続き もちろんμ’sが好きなのはいいことなんだ。人それぞれ好みあるからな。でもそれだからといってμ’sと比べてaqoursを叩くのはおかしい。そもそも状況も結構違うしな。都心の一等地神田淡路町の廃校寸前の学校と(コミック版での音乃木坂の所在地)人口少ない沼津の廃校寸前の学校。これを比較するのが間違ってる。

        ※ぶっぶー!な表現があったため一部削除しましたわ

        返信
    • 16.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      私欲がご法度なんてことはないよ。
      μ’sだって廃校回避が目的だったし。

      ただアニメに関して言えば、Aqoursは大体が軽いんだと思う。
      廃校阻止に対する姿勢、大会に臨む姿勢、それこそAqoursそのものに対する姿勢。
      そういうのが積もり積もって真剣さを指摘されるんじゃないかなと。

      とりま他人の意見より無印見るのが一番早いよ。

      ※ぶっぶー!な表現があったため一部削除しましたわ

      返信
    • 16.3
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      ラブライブ=スクールアイドル部の全国大会で合ってるよ
      吹奏楽部とかと同じだと思えばいいかと…

      返信
    • 16.4
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      年末暇なら無印見てみーひん? 見方が変わるかもしれんしね。良くも悪くも。

      私利私欲やらなんやら、人間が起こすアクションは全てコレ。それにどれだけ感情移入出来る作品に出来るか。無印はそこが強かった。そしてそれも個人差のある感想。

      「アクア見ると、μ’sは思い出作りしてた様にしか見えない」って感想もつ人も居るしね。 批判は良いけど否定と中傷はやめて欲しいよねー。

      返信
    • 16.5
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      ラブライブはスクールアイドルたちの憧れの舞台。目指す理由はただ一つ、あの大きなステージでたくさんのお客さんの前で歌うこと。μ’sだって1期は廃校阻止を目的に活動しながらも、心の底ではスクールアイドルの頂点を目指していたし、もう一度目指そうと思った。学校のためにっていうのははじめる理由にはなっても人を動かし続ける理由にはなり得ないし、それは人を呪うかのように束縛してしまう。だからアクアには、学校とか関係なく、純粋にラブライブの舞台を目指して活動して欲しかった。

      返信
  8. 15
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ラストの燃えカスを見つめる表情がシュールで草

    いやさ、もう少しいい表現の仕方がなかったのかと小一j

    返信
  9. 14
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    今更果南回はさすがにないだろwwwwww
    普通に地元愛アピール回か思い出作り回だといいな

    返信
    • 14.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      12話っていうアニメ終了目前で個人回はさすがにないだろうなwそれよりはライブとかやって欲しいわ

      返信
  10. 13
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ※ぶっぶー!ですわ!!

    返信
  11. 12
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    みんなで歌おう!からの普通のエンディングで歌わないじゃんって思ってたら最後の全員合唱でおおってなった。
    ここの記事見てさらっとしいたけも歌ってたことに驚き

    返信
  12. 11
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    なんかちかちゃんにずっとモヤモヤしてた理由分かった
    一期では、皆が真剣に1番を目指しているような場所に「1番じゃなくていい!」ってノリでやってきて散々好き勝手やって違反行為までしてたのがモヤっとしてたんだけど
    二期では入学希望者を集めるために予選頑張って、入学希望者が集まらなかったらコロっと「ラブライブなんてどうでもいいと思ってる」とか言って
    でも急に「学校の名前を残すために一位を目指す」とか言い出して
    本当ラブライブに対する敬意とか全くなく、皆が純粋に憧れたりトップを狙おうと頑張っている場を私利私欲のためだけに利用しようとしてるんだなぁと

    返信
    • 11.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      μ’sは手段からみんなの夢に昇華してく過程が素晴らしかった。アクアは手段のまま感強いよね。

      けど今回、アクアコール『学校が好きだった』『何気ない時間は愛しいモノだった』って想いを真に共有した見せ方は大きかったと思うよ。 7話では罪ほろぼしな名を残すだった。それが意味ある名を残すになった様な気がします。

      ガンバレ、アクア!って唯一感情移入できた回だった。

      返信
    • 11.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      一つだけ突っ込みたい
      違反行為というのは、ミラチケで関係者がステージへ駆け寄ったアレのことだよね?
      あの行為は結局よしみたちの独断によるものだから、そのことで千歌を糾弾するのはちょっとかわいそうじゃないかな

      返信
      • 11.2.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        千歌っちも非常口から飛び出してたし、まぁ

        返信
  13. 10
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ひとつだけ
    本大会に向けての応援ってこともあるんだろうけど、
    Aqoursじゃなく浦女コールなら最高だったかな

    ようちか、よしりこ、まりかな、ルビまると見守るダイヤさんで個人的には満足です

    返信
  14. 9
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    Aパート、また消化系なドタバタ劇なのかーと萎えてたら、Bパートのエモさにジーンと北。 アクア!の掛け声に対してチカの「何こいつ?」みたいな表情が頂けなかったが。

    アクア!の掛け声も3rdで使われそうやね。2期ではこーゆう哀愁ある回を重ねて欲しかったな。良い回でした。

    返信
    • 9.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      俺あのちかっちの表情好きやわw
      希加入時のことりちゃんとかにこぱなと衣装作ってた時のことりちゃんと同様に今後各所で見る機会ありそうw

      返信
      • 9.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        ダンスタの時のちゅんねw アレはツボったww 受けとめ包んで癒してくれる。さすがカリスマメイドやね。

        返信
  15. 8
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ダイマルビィ尊い

    返信
  16. 7
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    今まで通りの13話完結として話数は足りるのかな?
    μ’sの時は2期12話が本大会で13話が卒業式だったけど、次週本大会でなければラストは劇場で、という風になるのだろうか。それともやっぱり次週が本大会なのだろうか。

    返信
  17. 6
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ラストのほう、後ろのOGっぽい人たちの中に
    曜ママ・果南ママっぽい人がいるような…いないような…

    返信
  18. 5
    な、な、な、名無しなんですかー says:

    なんかいつもとふいんきが違う気がする
    実は先週のバスが飛んだところで全員死んでて夢の世界って怖い展開には絶対ならんよね?

    返信
  19. 4
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    なんか久々に、これは神回だ!って思えた気がする。
    特に最後のEDをみんなで歌うシーンは普通に感動した。
    このまま終わり良ければすべて良し路線に入れると良いね…

    返信
  20. 3
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    1期正妻戦争では終始遅れをとっていた渡辺がさらっとプロポーズ決めたことに驚き

    返信
  21. 2
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    しいたけもED歌ってるのね

    返信
  22. 1
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    せっかくだから、エンディングは、よしいつむにすればよかったのに。

    返信

コメントを残す

いつもコメントありがとうございます!いくつか注意事項ですわ。
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります。
※キャラディス、他人を不快にする言動(上から目線・罵倒等)、通報・お問い合わせがあったコメント等予告なく削除する場合があります。なお度重なる削除・注意勧告を受けても従わない・改善する気がないと見受けられた場合はコメント内容に問わずコメ禁止措置・自動的に削除する対象になります。その状態になった場合は異論はミトメラレナイワァなのでよろしくお願いします。
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問は「初心者質問掲示板」でお願いします。
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどを貼るなどの宣伝行為は禁止です。発見次第削除致します。
※以下のコメント欄は「ラブライバーの皆さんの交流場所」として設けています。当サイトへのご意見・コメント削除依頼等はお問い合わせ俺氏のTwitter垢にDMにてにて一言でいいので理由を添えてお知らせください。(下のコメ欄に書かれても基本的に応じることができません。ご協力よろしくお願いします。)



サブコンテンツ
μ's(ミューズ)やAqours(アクア)などの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ