ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期12話「光の海」考察・感想・聖地まとめ

スポンサードリンク

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)の攻略情報とは関係ない話題。

2017年12月23日22:30〜待望のラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期12話が放送されました!

そこで、今回はネタバレにはなると思うのですが、ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第12話「光の海」を見た個人的感想などをまとめました。

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期情報まとめ

タイトル 考察ページリンク 

1話「ネクストステップ」
感想・考察ページ

2話「雨の音」
感想・考察ページ

3話「虹」
感想・考察ページ 

4話「ダイヤさんと呼ばないで」
感想・考察ページ  

5話「犬を拾う。」
感想・考察ページ  

6話「Aqours WAVE」
感想・考察ページ

7話「残された時間」
感想・考察ページ

8話「HAKODATE」
感想・考察ページ 

9話「Awaken the power」
感想・考察ページ 

10話「シャイニーを探して」
感想・考察ページ 

11話「浦の星女学院」
感想・考察ページ  

12話「光の海」
感想・考察ページ  

13話「私たちの輝き
感想・考察ページ   
スポンサードリンク

【まだ見ていないラブライバーの方へ】

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第12話「光の海」感想

それでは、感想や考察を簡単にまとめていきます。

オープニング(OP)は「未来の僕らは知ってるよ」

OPは「未来の僕らは知ってるよ」。

詳しい発売日や、特典、さらにはリアルイベント「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours課外活動 未来の僕らは知ってるよ ~face to face~」の応募方法は以下のリンクで!

さらに Aqours課外活動 未来の僕らは知ってるよスタンプ押印会についはこちら!

エンディング(ED)は「勇気はどこに?君の胸に!」

EDは「勇気はどこに?君の胸に!」。

詳しい発売日や、特典などは以下のリンクで。

前回のあらすじ

前回、廃校が決定した「浦の星女学院」の廃校を迎えるにあたり、全生徒だけでなく、内浦の住人の皆さんで浦の星女学院の思い出に浸ることに。

元々はモブたちが、理事長マリーにお願いして企画されたものですが、みんな気持ちはひとつに各々出し物を決める全校生徒。

そして最後はキャンプファイヤーで消える炎の中、エンディングをみんなで歌いラブライブ!本戦を迎えるAqoursだった。

いよいよラブライブ!決勝!

前回の廃校祭を労いながらも、Aqours9人で浦の星女学院の校門前に立ち、千歌の「行ってきます!」の挨拶とともに、いよいよラブライブ!決勝へ!

舞台は東京!

再び東京へ降り立ったAqours。そして秋葉原の神田明神にて必勝祈願するメンバーだが、梨子は池袋の乙女ロードに行きたいようだ。そして5話以降「よしりこ」ペアの親密差が日に日に増しているようで、ズラ丸からも「どんどん善子ちゃん化していってるズラ〜」と突っ込まれる。

そこに飾られていたのは浦の星女学院がAqoursの優勝を祈願した絵馬だった。

さらにそこに見つけたのは、他のラブライブ!に出場するスクールアイドルのラブライブ!に対する圧倒的意気込みだった。

またSaint Snow登場

 

「下手のパフォーマンスしたら負けるよ!」と理亞。

「ラブライブ!勝ちたいですか?」と再び問う姉の聖良。果たして千歌の答えは…?

枕投げ開始

何やら重たい空気を作る千歌の言葉に、曜ちゃんが千歌に枕を投げて枕投げを開始する。収集がつかなくなルガ「千歌ちゃん、元気出た?」と曜ちゃん。

各々が本番前に行きたいところへ。

千歌の

アキバドーム(東京ドーム)に内浦の人が応援に!

アキバドームに浦の星女学院の生徒だけでなく、美渡姉や志満姉なども応援に駆けつける。

なお、しいたけは今回はお留守番のようだ。

ラブライブ!にみんなに勝ちたい?

真姫ちゃんがいつも弾いていた音楽室で「想いよひとつになれ」のピアノを弾く梨子。

スクールアイドルとして活動できることが嬉しいズラ丸とルビィ。

3年生3人は勝ちたいと意気込む。勝ちたいだけでなく、「Aqours」として「スクールアイドル」として勝ちたいようだ。

真姫ちゃんがいつも弾いていた音楽室で「想いよひとつになれ」のピアノを弾く梨子。

1期1話のようにチラシを追いかける千歌・曜ちゃん

1期1話のようにチラシを追いかける千歌・曜ちゃん。すると、アキバUTXの前へ再び降り立つ二人。「ラブライブ!勝ちたい?」と曜ちゃんに問う千歌。「やっと一緒にできたんだよ?やっぱり勝ちたい!千歌ちゃんは一人じゃないよ!」と曜ちゃん。

梨子にも勝ちたいかと問うと、辛くてピアノから逃げていた私を救ってくれた千歌ちゃんたちと出会えたこと、この道が間違っていなかったこと、スクールアイドルが楽しいようだ。

千歌ちゃんは勝ちたい?

「私も全力で勝ちたい!、勝って輝きを見つけたい!」と千歌。

そしてAqours優勝と神田明神の絵馬にて願掛けしたダイヤ姉さん。姿は見えなくてもずっと一緒だよ!と3年生3人。

各々アキバドーム(東京ドーム)へ向かって走るメンバー

私たちの輝きを見つけにAqours。0から1へ。1からその先へと。Aqours、SUNSHINE!!!!!!!!!の掛け声をアキバドーム前で披露。

果たして、決勝で披露する楽曲は?!

決勝で披露された楽曲「WATER BLUE NEW WORLD」

決勝大会で披露された楽曲は新曲「WATER BLUE NEW WORLD」。

楽曲披露後、青い羽は飛び立っていったのですが、果たしてAqoursの結果はどうなったのか?

ちなみに、こちらのシングルは来年2018年1月17日に発売予定です。

12話聖地情報

以下は12話の聖地情報です。

神田明神

まず、Aqoursのメンバーがラブライブ!必勝祈願で訪れたのが、無印の頃から聖地としてお馴染みであり、今現在も「希」の巫女姿のお守りが売られている「神田明神」。

俺氏も月1のペースでお祈りしているガチでスピリチュアルなスポットです。

旅館「鳳明館」

■実際の画像

Aqoursが泊まり枕投げを繰り広げた旅館が「鳳明館」。こちらはサンシャイン1期7話にて初めてSaint Snowに出会った回でも泊まった旅館であり、ズラ丸のおみやげ用に取っておいたひよこがメンバーに食べられるという悲劇を生んだ旅館でもある。

ちなみに、ヨハネのようにテーブルの上に上がる行為は非常に行儀が悪いので実際に旅館に泊まる際は控えましょう。仮にこのような行為をTwitterやインスタに上げると炎上する恐れがあるので、こちらもやめましょう。

↓地図

↓鳳明館の詳細はこちら。

▶️鳳明館 本館・台町別館

秋葉原

ここは無印の頃からの聖地であり、音の木坂学院があり、万世橋や電気街、そして千歌がスクールアイドルを目指すきっかけとなったμ’sのスタダのPVが流れていたアキバUTX(秋葉原UDX)があるのが、ここ秋葉原ですね!

ちなみに、メンバー個別で訪れた場所が以下の通り。

■鞠莉→昌平橋(無印の頃からの聖地)

■善子→聖橋(JR御茶ノ水駅すぐ)

■ルビィ→アイドルショップ

■ダイヤ姉さん→神田明神

台東区立中央図書館谷中分室

■アニメ

■実際の画像

ズラ丸が訪れていた図書館は東京メトロ千代田線千駄木駅すぐにある台東区立中央図書館谷中分室のようです。

平成27年4月1日に谷中防災コミュニティセンター内に新しく開館したばかりの比較的新しい図書館であり、谷中分室では、子どもや中高生向けの資料を数多く取り揃えているようです。

スクールアイドルであり、高校生でもあるので勉強熱心ですねw

葛西臨海公園

■アニメ

■実際の画像

前回の予告でも流れた、果南が佇んでいた海岸は風景的に「葛西臨海公園」と思われます。立地的にも果南から見て右側の方に高層ビルやら工場の風景が見えることから、おそらくここで当たっていることでしょう。

当初、お台場海浜公園か稲毛海浜公園も個人的に候補にあげていたのですが、見える風景や距離的に葛西臨海公園だと思われます。

東京ドーム

劇場版ラブライブ!の終盤、そしてサンシャイン1期で明言されているが、μ’s・A-RISEの功績によりラブライブ!決勝大会が開かれるようになった会場「アキバドーム」のモデルとなっている「東京ドーム」。

3次元でも伝説となっているμ’sファイナルライブが行われた会場ですね!

個人的感想・考察まとめ

とりあえず一言。「いよいよ次週最終回か…

なんやかんやで12話を迎えたのですが、来週で最終回となると悲しいですね汗

この放送後に、NHKEテレで1期の再放送があったのですが、この時はSaint Snowに「勝ちたいですか?」と聞いて、「姉さん、この人たち馬鹿?」と言われたり、「ラブライブ!は遊びじゃない!」などとラブライブ!に対する意識の低さから叱責されるシーンがありました。

物語が進むにつれて「ラブライブ!を勝ち進みたい理由」「優勝したい理由」が見つかり、それを原動力に決勝の舞台でパフォーマンスを披露できるまで成長したAqoursを純粋に賞賛したいと思いました。

アキバUTXのモニターでライブを見ていたのはPDPメンバー?

Aqoursの「WATER BLUE NEW WORLD」をアキバUTX前で見ていた女の子二人はどうやらスクフェスの次のプロジェクトであるPDPのメンバーではないか?という噂がありました。

4周年ビジュアル

似ているメンバーとしては、「中須かすみ」「朝香果林」の二人が近いかなぁという印象ですが、次の聖地が「お台場」という情報があるので、距離的には秋葉原に訪れていても不思議ではないです。

ただ、PDPメンバーの中でも「似ているだけ」なのでそういうネタがあるなぁくらいで捉えておこう。

梨子、不法侵入?

劇中で、梨子が音の木坂学院の音楽室のピアノにて「想いよひとつになれ」を奏でているシーンがあったのですが、これは不法侵入ではないか?という声があります。

確かに、元生徒であっても勝手に侵入することは基本的にダメであり、描写はないのですが、おそらく当時通っていた顔見知りの先生にちゃんと許可を得て立ち入ったのではないかと推測します。

とりあえず、ピアノを奏でている様子は真姫ちゃんのようだ。

ママライブ!大集合

Aqoursラブライブ!決勝大会のバスツアーで東京の地に降り立ったママライブ!御一行。誰が誰のママかわかったかな?

「次回」私たちの輝き

次回は「私たちの輝き」。

いよいよ最終回です。果たしてAqoursの結果はどうなったのか?ラブライブ!優秀できたのか?浦の星女学院スクールアイドルとして有終の美を飾れるか?乞うご期待!

以下ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第12話感想投稿スレ

以下はラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期第12話感想投稿スレです。

スポンサードリンク


かよちん

人気ブログランキング


ラブライブ!ランキング

にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ
にほんブログ村



最近ありがたいことにコメ非常に多いので、一気に下のコメント欄まで飛べるようにしました
一番下のコメント入力欄へ

43 Responses to “ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期12話「光の海」考察・感想・聖地まとめ”

  1. 23
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    UTXのモニターを見ていた女の子は、アクアにあこがれ、沼津の統合高校に入学、理亞も2年生になって編入学。
    そしてアクア合流。
    それが3期。
    ・・・なんて勝手に妄想してしまいました。

    返信
  2. 22
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    スクフェスに関して大きな疑問がある。
    何故、ありさ&雪歩は登場しないのか?

    予想として、サ!で最後のライバル的立ち位置で登場=サポートカードでなく聖雪のSRの様な登場だと思ってた。でもそれは違った。

    スクフェスにあり雪が「カード」として登場しないのは何故なんでしょうかね。そして今後も無し?スクスタでも? 高見姉妹もサポ化してるのに、 不思議でしょうがない。

    返信
  3. 21
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    さっそく秋葉原の聖地巡礼してきました。
    同業者と思われる人、ちらほら。
    マリーの万世橋は、手すりの形から昌平橋と思われます。
    帰りの山手線車両は、ラブライブのラッピング車両でした。それもルビィちゃんオンリーでした。これって、クリスマスプレゼント?

    返信
  4. 20
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ついに来週で最後ですね、寂しい。
    今後の展開を予想してみたずら。

    12月30日 2期最終回 4thシングル、第3回センター選挙、劇場版発表
    2018年冬 センター選挙
    2018年初夏 3rdライブ(2期曲中心)
    2018年夏 4thシングル発売
    2018年秋 3rdユニット曲発売
           スクスタようやくリリース
    2019年冬 4thライブ(4thシングルメインのライブツアー、BD特典曲、ユニット曲)
    2019年春休み 劇場版
    2019年6月 3代目ラブライブ登場orPDPアニメ化発表
    2019年秋 ラストシングル発売
    2019年年末 ファイナルライブ
             スクフェスサービス終了、スクスタに完全移行

    と、長々と妄想してしまいました。
    まだ2年はいけるかなん。

    返信
  5. 19
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    来週のアバンで優勝の結果発表からアンコール発生で特殊OP青ジャンを予想してる
    最後の最後に焼き直し展開とか言われそうだけどやって欲しい(笑)

    返信
    • 19.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      新曲と青ジャンのステージ一緒なんだよね
      仲間とやり遂げた後にそれぞれに始まるマイストーリーってのも展開にはあってるかもしれない

      返信
    • 19.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      自分も来週は冒頭でアンコールからの特殊OPだと思いました
      ただ、青ジャンじゃなくて未来の僕らのような気もする。
      どっちの曲も良いので、そんな演出してほしいですね。

      返信
  6. 18
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    今回の批判してるやつもはや批判の理由が曖昧で草。いい回でもイマイチな時でもとにかく批判だけしておけばいいと思ってるんだろうね。俺はサンシャイン全体的にいいと思うがね。

    返信
    • 18.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      ブーメランで草
      脳死状態で毎回神回神曲言ってるのも変わらないぞ

      返信
      • 18.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        12話単体で見れば決勝の描写少ないこと以外おかしい点はないんだから、批判すべきところがないなら黙るってことも必要だぞ。ただサ!は1期から通してみればマイナスに次ぐマイナスなのは事実だしそれを挽回できるほどのかいでもないけど。

        返信
        • 18.1.1.1
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          人それぞれなので「マイナス要素が無ければ良い」という考え方もアリかとは思うが、自分はそうは思わない。確かに感動路線で良く出来てはいると思うが「それだけ」なので、プロ仕事としてはもっと頑張って攻めて欲しかった。もしサンシャイン!が最初から感動路線一辺倒の作品だったなら、そうは思わなかった(というか、見続けなかった)と思うが、1~7話で物凄く攻めていたのが急に無難な話作りになってしまうと、物足りなさを禁じ得ない。

          アニメ作品に完全性を求めることは意味がないのと思うので、人によってはマイナスと感じるところがあっても全く問題はない。どんなアニメ作品だって万人受けするものにはならないのだから、賛否両論あって良い、というか、2~3割の人にでも強く受ければそれで良い。自分に合わないと思ったら観なければ良い。それがアニメ。だが、途中から傾向が変るのは嫌だなぁ、と感じている。

          まぁ、個人的にはサンシャインは全体として面白いと思っているので、今までの分が台無しになる程ではない。ただ、ちょっと終盤に来て「守りに入ってしまったな」という残念さはある。

          返信
  7. 17
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    サンシャインシリーズも好きで、Aqoursも好きだけど、正直なところコメ8の意見には同意する部分がある。
    スクールアイドルや大会出場で得られるものの利用の仕方はメンバーそれぞれ違って、それはμ’sも同じだったと思うけど、そこまでアイ活に執着する必要はあったのかと疑問に感じる。
    無駄に話数を消費して、キャラの個性とか考え方についての描写が少なかったのではないかなと思いました。

    もちろんこのシリーズの集大成としては良かったと思う。
    声優ユニットとしてのAqoursはもうしばらく活動するだろうけど、劇中のAqoursとしてはこれで最後なのかと思うと悲しい。

    返信
  8. 16
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ママライブの真ん中の2人の子供と右の子は誰かの姉妹かな?
    ひとりは、曜ちゃんの妹って感じだけど?

    返信
  9. 15
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    てっきりラブライブ決勝で終わりだと思ってたんだけど無印の時みたいに続くのね

    新曲は曲もいいけど衣装も個人的には好きだな、2期は衣装がどれもよかった。

    返信
  10. 14
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    あ、まだ1話残ってるんだw
    個人的に2017秋はダークホースが多くて嬉しい誤算だったけど、
    みんな12話が最終回で悲しい

    返信
  11. 13
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    新曲のパート分けが最高すぎる完璧

    返信
  12. 12
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    チラシが飛んでメインテーマかかってから曲の導入までの流れが最高でした

    返信
  13. 11
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    決勝をここまで描かないとは思わなかった。

    返信
    • 11.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      無印の時も決勝大会の様子はそんなに描かれていなかったんじゃない。
      それにしても、ここで決勝大会ライブが終わったとすると、OPの未来僕は、アンコール曲?
      そして来週は卒業式?
      劇場版にどう繋ぐか、いろいろ想像される。

      返信
      • 11.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        いうていろんなグループのキャッチフレーズとか、グループごとの出演する順序決めとかやってたし、他のグループの歌聴けなかったこと以外決勝!って感じはある程度したけど

        返信
  14. 10
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    人生で色々な経験をしてくるとAqours皆それぞれの立場が理解出来る上に畑先生の歌詞が沁み渡り涙腺崩壊。個人的に物凄く良い作品だと思う。破滅の美学でもある気がする

    返信
  15. 9
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    新曲最高です‼︎
    歌詞からは、今までのAqoursのたくさんの思い出やこれからの気持ちが物語っているようで涙が止まりませんでした…。

    返信
  16. 8
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    最後まで薄っぺらいアニメで終わるんですね

    返信
    • 8.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      単独で見るならそれなりに良回だったと思うけどな
      薄く感じるのは積み重ねがないから仕方ないよ

      返信
    • 8.2
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      だからそもそも、ラ!の頃からペラッペラだとあれほど…

      返信
  17. 7
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    ストーリーに関してはうーんイマイチかなと感じて見てたけど、UTXでのヨーソローからチカへの言葉と、新曲が神過ぎて、終わり良ければ全て良しな神回だった。

    大事な事だからもう一度、新曲は神曲!

    返信
    • 7.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      「勝ちたいですか?」 ここの問い、何の為に歌うのか?を見せてくれたのもその持っていき方も○

      りこは思考的でイマイチ、ルビィとマリーは感情的で良かった。 各個人、勤め(名を残す)より一番大切な感情をみせたのは大きかったと思う。

      「ハートの磁石を握って走る 今は楽しんだそれが。ずっと一緒にいこう」 号令(円陣)の見せ方は正にこれだった。

      返信
  18. 6
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    結局最後まで前大会優勝チームすらモブか

    返信
    • 6.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      いや、Aqoursと交流のあるグループが「前回8位」だったんだから
      そのへんは仕方ないでしょ。そこに時間を割かれてもどうかと思うし。

      返信
      • 6.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        優勝チームは出てこないと勝ち負けの実感わかないじゃん。勝ってもモブに無双しただけ、負けてもモブに負け。どうやって感動すればいいの?せっかく1期で謎の音の木生徒出てきたんだしやり方はいくらでもあったでしょ。

        返信
  19. 5
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    決勝曲、ド安定の佐伯さんキター! …すごくよかった

    返信
  20. 4
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    相変わらず細かいツッコミどころはあったけど、それは気にならないくらい全体の話は良かった。
    後、流石に今回は観客の皆さん飛び出すの自重したねw

    返信
    • 4.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      宿泊もあるのに、小さな鞄だけでいいのかと思ったのは私だけ?
      また、梨子は学校不法侵入?
      ヨハネの御茶ノ水橋は、今は駅の工事で神田川はほとんど見られない。
      なんて、細かいことは気にしちゃいけないね。

      返信
  21. 3
    浦の星 says:

    UDXで見ていた二人の少女が気になる

    返信
    • 3.1
      私、ラブライバーの名無しといいます! says:

      あれ何なんでしょう?若き日のPDPメンバーとかならいいんですけど、次回作の主人公とかだったらホントやめて欲しい。また前作主人公に憧れて始めるのかよと思ってしまうし、何よりそれはラブライブと言えるのか。サ!はアクアとモブを含めそれを取り巻く登場人物で完結して欲しいです。

      返信
      • 3.1.1
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        別に、3期があってもいいんじゃない。
        オイラもサンシャインが始まると決まった時は、勘弁してよと思ったけど、始まれば結構楽しんでる。
        2期で終わって、スクフェスも衰退してしまうことを考えると、3期もアリだなと思う。
        でも今度は、アクア原理主義者とか出るんだろうな。

        返信
        • 3.1.1.1
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          来週の締め方しだいだけど、決勝曲とそのメッセージ性が抜群だから、このまま幕閉じが最良かなと思った。 下手に延命してボロだすより。

          どのみち、映画か3期的なのはあるんでしょうけど。

          返信
          • 3.1.1.1.1
            私、ラブライバーの名無しといいます! says:

            トータル26話のほとんどがボロボロだったし、
            最後も盛大にやらかすとこを見てみたい気もするw
            もうAqoursは三次シフトでいいんじゃないかな

        • 3.1.1.2
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          次回作をやるのはいいんですけど、次回作のキャラを今作に絡めるのはなんか違うなーって思います。名前は出しませんが某アイドルアニメの映画のエンディングで新シリーズのキャラがチラッと見えたとき商業的な意図が見えたので、ラブライブでは真似して欲しくないです。

          返信
      • 3.1.2
        私、ラブライバーの名無しといいます! says:

        考え過ぎかと。

        単純に、「新しい夢が生まれてくると 僕は知ってるよ」的な。
        要するにアクアの輝きを見た人が、新たな輝きを生み出すかもね。ちかっちみたいに。って事でオケ。

        返信
        • 3.1.2.1
          私、ラブライバーの名無しといいます! says:

          3.1.1.2でも言ったんですけど、あんまりアニメ内に商業的な意図を持ち込んで欲しくないです。例えPDPメンバーであってもです。

          返信
  22. 2
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    めっちゃよかった!!
    もうすぐ終わっちゃうのがすごくつらいな…

    返信
  23. 1
    私、ラブライバーの名無しといいます! says:

    最高だった
    終わってしまうのがつらい

    返信

コメントを残す

いつもコメントありがとうございます!いくつか注意事項ですわ。
※内容以外未記入でも投稿可。その場合は「私、ラブライバーの名無しといいます!」って名前になります。
※キャラディス、他人を不快にする言動(上から目線・罵倒等)、通報・お問い合わせがあったコメント等予告なく削除する場合があります。なお度重なる削除・注意勧告を受けても従わない・改善する気がないと見受けられた場合はコメント内容に問わずコメ禁止措置・自動的に削除する対象になります。その状態になった場合は異論はミトメラレナイワァなのでよろしくお願いします。
※初心者の方の質問が度々見受けられますが、質問は「初心者質問掲示板」でお願いします。
※他のサイト様(公式関連を除く)のURLなどを貼るなどの宣伝行為は禁止です。発見次第削除致します。
※以下のコメント欄は「ラブライバーの皆さんの交流場所」として設けています。当サイトへのご意見・コメント削除依頼等はお問い合わせ俺氏のTwitter垢にDMにてにて一言でいいので理由を添えてお知らせください。(下のコメ欄に書かれても基本的に応じることができません。ご協力よろしくお願いします。)



サブコンテンツ
μ's(ミューズ)やAqours(アクア)などの画像の著作権はKLab株式会社様(通称:蟹さん)プロジェクトラブライブ!さんに帰属します
そのため、当サイトの文章・画像は引用を含んでいます。

このページの先頭へ